湯野中学校 沿革



湯野っ子トップに戻る

湯野村立湯野中学校開校
昭和22年4月
本郷の丘の上の青年学校に併設されて新制中学校として開校する。翌年青年学校は自然廃校になり完全独立校となる。写真は旧校舎にて25年当時の教職員。懐かしい顔が拝顔できる。





湯野中学校校歌制定
昭和30年2月
明るい親しみのある校歌が制定されました。

校歌の音声
校章をクリックしてください。あの懐かしい校歌が・・・




中町立湯野中学校となる
昭和30年10月
川上郡内の富家、平川、湯野の3ケ村が合併して備中町となる。翌31年4月より正式に備中町立湯野中学校となる



校舎移転する
昭和32年2月
丘の上から小学校に隣接した現在の湯野荘の場所に移転開校する。
その後統廃合になるまで、幾多の思い出を創出する訳である。
写真は新設直後で運動場もない頃の校舎です。




各設備の拡充される



生徒数の激減


きびしい教育環境になりました



湯野っ子トップに戻る