2019年2月6日18時 現在


当ページは素人のカラオケ歌唱を収録しYouTubeにアップして、再生回数を競うという企画です。プロ歌手及びセミプロ歌手の方の動画は、メインページ「歌謡選手権」に収録しています。なお当ページにて1万回の再生数をクリアした作品は歌謡選手権に進出できます。頑張りましょう





18739 13858
10461

1万回突破で歌謡選手権に進出できます








8004






6032 5263






4379 4055






3862 3805
3668 3566
3332 3211
3183 3178
3155 3102
3071






2753 2583
2553 2453
2369 2349
2348 2313
2292 2266
2155 2093






1963 1902
1860 1841
1795 1777
1727 1606
1528 1515
1501






1487 1479
1385 13711
1354 1332
1308 1300
1287 1250
1189 1100
1070 1029
1000回未満の曲は
こちらのページです



「カラオケ選手権」参加は1000回突破が条件です


 
1000回未満の動画は入門ページ
ご覧になって下さい






カラオケ選手権への不参加動画
こちらをご覧になって下さい











演歌嫌いの妻が唯一歌った演歌への返歌です



浪花の夫婦

歌唱:ケーシー村上


演歌をこよなく愛する私に対し、妻は演歌などにはまったく興味を示そうとしませんでした。そんな妻ですが、後にも先にも40年くらい前に一回だけ演歌を歌ったことがあるのでした。もちろんそのシーンは強く記憶しています。

その日、自宅で数人の気の合った友人と昼間からカラオケ飲み会をしていました。その時友人達から強引に促されて歌わさせられたものでした。今までの一生で一度の出来事ですからその状況ははっきり覚えています。三船和子の「だんな様」を歌ったのでした。その歌詞はズシンと心を刺しました

今改めて聴いてもその歌詞には重いものがあります。その後長い歳月を経て、現在に至り私は三門忠司のアルバムの中からシングルカットもされていない曲なのですが素晴らしい作品に出会ったのでした。その曲は「浪花の夫婦」という曲なのでした。

この歌を聴いて、あの時聴いた「だんな様」が甦ってきたのでした。40年も経過して、「この曲こそ、あの時のあの歌へのアンサー・ソングなのだ」と確信したのでした。

演歌一色の私のサイト、おそらく妻は見たことないと思います。見てると思ったらおそらく書けないでしょう。絶対に見ていないからこのような事が書けるのです。演歌だってけっこう奥が深いのですよ。









「歌謡選手権」・・プロのすごさを実感してください

231.7 102.9
75.2 16.0
7.9 6.7


カラオケ歌唱の評価は再生回数がすべてです


 
YouTubeにはカラオケ動画が無数にアップされています
分かり易く自分の立ち位置が理解できるようにランキング
形式で表示してみました。
動画はアップするのが目的では
ありません。見て頂けなかったら全く意味ありません。
所定の
再生回数到達しなかった場合は、動画は削除いたします

10,000回突破でメイン企画歌謡選手権に進出して頂きます