都々逸は7775の文学です










投稿作品「はなまる殿堂」


(添削なし・・はなまる作品)  (添削作品・・優秀作品)


好きなことして 作った子らが
  ずしんと肩に のしかかる


釣ったさかなに 餌などやらぬ
 餌より竿で 釣った魚(うお)

白い素肌を 重ねてみたが
   すぐヒビ割れる 鏡餅

腰のくびれを 優しく抱いて
  指で泣かせる ギタリスト

メタボなんぞを気にしちゃおれぬ
    俺の余生だ 飲んで食う


年金減らされ 細々二人
   百歳までも 生きてやる


差しつ差されつ 相方見れば
   息が止まった 髭がある

はだか同士が 胸よせあって
  差したり抜いたり 大相撲

銀と銅とを 分析すれば
 偏なところに 金がある

パンツ脱がせて お尻をなでて
 履かせてあげるよ 孫の世話

テレビ終わって 灯りを落とし
  帯を解く間に 早やいびき

朝の元気が 無残にしおれ
    ほんに貴方は 朝顔か

私しゃあなたの 振り子の時計
   ねじを巻かれて 動くだけ




R15作品コーナー

R15作品は地味にこちらに収納しております