都々逸は7775の文学です






「はなまる都々逸」奥座敷


R15の部 (色もの)

(添削なし・・はなまる作品)  (添削作品・・優秀作品)


豪華客船 高嶺の花と
   妻の小さな 舟に乗る

釣ったさかなに 餌などやらぬ
 餌より竿で 釣った魚(うお)

オレの愛撫は 弥次喜多仕込み
  胴・貝・胴・チュウ 膝・クリ・毛

あなた待つ間に 寝化粧しても
  一汗かけば 無駄になる

となり気にして 押し殺しても
  こらえ切れない 声もある

昼はクリック いそしむ妻も
   夜はクリック されたがり

焦って乗ったら 快速電車
 えきを飛ばして イッちゃった

狭い隙間に バックで入れりゃ
 あちこちこする 駐車場

後ろから入れ トントン突けば
 ジワジワ出てくる シャープペン

AからG(自慰)まで 独りで覚え
 その先教えて くれぬ女(ひと)