若かりし頃の姿、懐かしいお顔・・・・・


湯野の道 


湯野っ子トップに戻る


高梁市重要無形民族文化財

湯野地区渡り拍子

備中町地区一円では、約600年前から、楽(がく)跳び・渡り拍子が伝承されてきました。
ルーツは同じだろうと容易に想像できますが、永い歳月で各地区で微妙に
変化して現在の至っているものと思います。備後の東城・神石に近い湯野地区の
西油野は備後地区に多く見られる鳥笠です。そして東油野は当地区主流の花笠です。



西油野・小旗山八幡神社・渡り拍子
西油野渡り拍子保存会


東油野・平田山八幡神社・渡り拍子
田原地区渡り拍子保存会・東油野楽連中





西油野 懐かしの 渡り拍子
1990年度の、西油野小旗山八幡神社の秋季祭礼奉納渡り拍子の動画です。
よく10年ひと昔なんていいますが、ふた昔まえにタイムスリップです。



懐かしい西油野の渡り拍子・庭打ち(1990年度)

今と比べると秋祭りがまだ比較的賑やかだった1990年度の小旗山八幡神社の懐かしいVTRです。長い長い鳥居くぐりの奉納が終わって神社の境内に到着して跳ぶ楽(がく)が、一番一般的なこの「庭打ち」です。各地を廻って跳ぶのも当然全てこの楽なのです。神社境内の参拝客が年々減っていますがまだ多くの方が訪れているのがお分かりと思います。ふた昔まえの若かりし頃の姿、また懐かしいお顔も拝見できるものと思います。


懐かしい西油野の渡り拍子・新楽(1990年度)

小旗山八幡神社の拝殿は現在は改修され立派になっていますが、この動画では昔の古い建物が写っています。その拝殿の中で楽連中(現在は渡り拍子保存会)が昼食をとり、午後の演目がこちらの新楽(しんがく)です。一般的な庭打ちと違って新楽はこの場面でのみしか跳びません。普段跳ばないだけに
若干難しいのでしょうか鉦(かね)がなかなか揃いません。筆者はよくこの場面でよく鉦を叩かせて頂きます。鉦と跳び子が全部揃ったら、軽快なリズムの部分も多く、筆者は大好きです。

はじめの中腰の部分が終わってたら囃子は「♪シャンシャン シャンギリヤ シャンシャンギリヤ シャンギリヤ アア ギリヤギリヤ シャンギリヤ・・・・」に変わります。ギリヤギリヤのところは片足で移動します。画面で確認出来ますでしょうか。そして「ヨイヤ ヨイヤ トントン・・・・」に変わったらバチを上に投げ上げて移動します。揃ったら綺麗ですがなかなか難しくうまくいきません。そしていよいよお囃しが神輿のテーマソング「ザゴザゴザン ザゴザゴザン・・・」に変わったらいよいよ神輿の登場です。


懐かしい西油野の渡り拍子・御旅所(1990年度)

「ザゴザゴザン ザゴザゴザン・・・」のお囃子にのせて神輿は御旅所(おたびしょ)に向かいます。この時間になると酒もまわってきて随分神輿が重く感じられるものです。酔っ払いが担ぐ神輿は御旅所(おたびしょ)を目指します。御旅所では神事が行われます。一通りの神事が終わるまで渡り拍子は跳び続けるのです。長く単調に「庭打ち」を跳ぶのです。 そして神輿のテーマソング「ザゴザゴザン ザゴザゴザン・・・」に囃しが変わったら、いよいよその年の祭事も終りが近づいてくるのです。





注意:動画が再生されない方は

 Adobe Flash Player ダウンロードしてください
1.アイコンクリックでダウンロードサイトにジャンプします
2.同時インストールの
McAfeeのチェックをはずす
3.今すぐインストールをクリック(もちろん無料です)




湯野っ子トップに戻る